研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。
研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、 原則として、
十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合はSkypeなどでも可能です)。
(日本語)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人2000円/月、学生1000円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ」

2015年3月7日土曜日

さよなら、Saab9-3



博士院生時代に入手して約4年間乗った2001年式Saab 9-3と、お別れ。業者に渡して来た。走行距離約95000キロ、ドアがギーギーいったり、エアコンがおかしかったり、Saabの名物だという液晶のドット落ちは当然、おまけにキーレスは以前洗濯機で洗濯してしまい機能せずと至るところにガタが来てたので、残念ながら直前に迫った今回の車検は通さないことに。古いクルマながら、2000ccの低圧ターボで十分な走りでした。後ろからみた流線形のハッチバック・デザインは、今でもなかなか良いと思う。燃費は相当悪かったけれど、特別な整備も何もせず乗っていたものの、福祉国家の国のものづくりとでもいうべきか、デザイン面含め、ライトなクルマ好きにとって、とても良くできたクルマだった。後継の状態の良いSaab9-3スポーツエステートを探していたのだけど、残念ながら時間切れ。さよなら、Saab 9-3!次もまたヒトクセあるクルマをゲットしてしまった・・・