研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。 研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、
原則として、十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合は要相談)。

(Japanese)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人1500円/月、学生500円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse」

2013年2月3日日曜日

ワークショップの「罠」

さまざまな場面でワークショップが取り入れられる機会が増えた。授業でも導入することもあれば、ワールドカフェのファシリテーターの依頼をうけることもある。ワークショップ、というよりも、参加型の企画の利点であり、かつ問題点は参加者の満足度が総じて高いことである。参加者にとっては普段考えない対象に対して、頭を動かし、他者と議論をし、ときには報告したりすることが、どうやら企画に対する満足度につながるようだ。その意味において、ある対象に対する参加や関心の動機付けについて、ワークショップは「効く」。しかしワークショップのアウトカムはどうか、と問われると必ずしも、十分なものとはいえないことが多い。というよりも、大半がそうである。デザイン思考の重要性はわかるが、デザイン思考で有名なIDEOでは(プロトタイピングでさえ!)、異なる分野において十分な専門性を持った専門家が、特定の問題解決を考えるために、丸一日のセッション、というよりも、無形の議論を、連続して積み重ねている。言い換えれば、「普通の人」を集めて2時間ほどちょろっと議論したところで、参加者の動機付けと、企画への高い満足度以外に得られるものは乏しい可能性が高い。もっとも企画主催者としては、後者こそが最重要な課題なのかもしれないが。