研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。
研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、 原則として、
十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合はSkypeなどでも可能です)。
(日本語)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人2000円/月、学生1000円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ」

2012年4月9日月曜日

淡々と・・・

まとめてみた。

一応。

「講談社現代ビジネスとのやりとり」
http://togetter.com/li/285568

繰り返し「ミス」って説明されてるけど、わりと大手メディアがネットに向かったときの姿勢の根本的な問題を象徴していると思う。

大手の看板で、なかなか組みにくい大御所×若手って構図で企画して、ぼくらは無償仕事。だけど、講談社現代ビジネスは広告メディア&宣伝メディアでもあるわけだから資本の流れと直結している。ミスっていうけど、普通に考えて大手出版社の中の人が、ネット上の他人の音声コンテンツを勝手に書き起こして再頒布していいという著作権周りに対する認識を持っているはずがない(...と信じたいし、そういう認識だとしたら終わってる)。

いろんなネットベンチャーとか新興メディアがミスもありながら頑張ってるのに、相対的にブランドも資本も大きいメディアがこういう姿勢だったことがとても残念。

ちなみにコンテンツの中身は共有できるようちゃんとチェックしますよ。無償で。

結構ギャラにこだわってるように見えるかもしれないけど本質はギャラじゃなくて、大手メディアは大手メディアの挟持ときちんとした仕事をやってネットメディア業界(?)を引っ張ってほしいですよ、ってこと。

大手がデタラメだったら、新興メディアも推して知るべしってなってしまいがち。そりゃギャラはないよりは出るほうがいいけど、ぼくは普通に駆け出しだと思ってるから、面白いと思えば普通にノーギャラでもやりますよ。実際いくつも出てるしコンテンツ提供してきた。

番組の中身自体はすごく楽しい仕事だっただけに、結構残念。

週明け早々残念なエントリーですいません。とりあえず朝から忘れ物して大幅タイムロスしたけど、京都へ向い中。

(...職場について表現をちょっと修正。)