研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。
研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、 原則として、
十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合はSkypeなどでも可能です)。
(日本語)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人2000円/月、学生1000円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ」

2015年4月26日日曜日


3月、4月と例外事態と緊急案件がいろいろ発生して、あまりサーフィンできなかった。短い時間や、スケジュールの突然の空きでいけるジムとは違い、自然が相手なので、なかなか難しい。とはいえ、ジム通いがかなり習慣化したので、身体のキレ自体は以前よりずっと良い。10年位前に入手したシングルフィン・ショートボードを引っ張りだしたら、なかなかおもしろかった。浮力があるので、久々にサーフィンするときなんかには良いし、シングルフィンは動きがシンプルで気持ち良い。最近、新しい、ハイパフォーマンスなシングルフィンショートボードもあったりすると聞く。気になる。ジムは仕事の延長線のようで、フィジカル、メンタルのコンディションを保つには悪くはない、というより、ストレス・マネジメントとしても不可欠だが、サーフィンは違う。都内からだと千葉にせよ、湘南にせよ1時間半弱の運転は必須なうえに、大仰だ。だが、サーフィンしているときだけではなく、そのプロセス全体が「趣味」に思える。