研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。 研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、
原則として、十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合は要相談)。

(Japanese)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人1500円/月、学生500円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse」

2013年4月6日土曜日

2013年4月5日 #ネット選挙 についての朝日新聞デジタル等国会審議実況中継まとめ(継続中)を作成しました

「2013年4月5日 #ネット選挙 についての朝日新聞デジタル等国会審議実況中継まとめ(継続中)」
http://togetter.com/li/483429

先日の審議に続く、参考人質疑。やはり朝日新聞デジタルの記者さん(@asahicom)らが実況中継してくれていました。

最近恒例になりつつあるネット選挙解禁をめぐる議論をまとめました。研究主題ですのでありがたいです。

ネットの解禁が投票率向上につながるのか、選挙陣営が業者にネット選挙関連業務を委託すると買収に該当するのかといった議論がなされています。業者が選挙運動の主体になるかが、買収か否かの線引きを決めるということになるようです。さて、それでは「主体」か否かはどうやって判断するのでしょう。難しいですね。

また、ようやくネットのみならず、他のメディアに対する規制との整合性をどうするのかという指摘もありました。繰り返し述べてきましたが、重要な視点です。あいさつ状、電話、戸別訪問等も加味して考えなければならないでしょう。

しかし、それはさておき、

【ネット選挙解禁】11日採決で合意、来週衆院通過へ - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130405/plc13040510160012-n1.htm

という話なので、どうやらネット選挙に関連してひとまず衆議院を通過するのが現実的になってきたようです。