研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。 研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、
原則として、十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合は要相談)。

(Japanese)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人1500円/月、学生500円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse」

2013年3月24日日曜日

「政策過程への PRとロビーイングの導入 ――合法化による「ルール」の明示と 過程の可視化を伴った政策立案競争促進に向けて」@国際公共経済学会第1回春季大会「次世代政策VOTE2013」報告資料

2013年3月24日、国際公共経済学会春季大会において開催された「次世代政策VOTE2013」での報告資料です。政策競争の促進とロビイング・ルールの記録明示化を提案。

※「次世代政策VOTE2013」とは、政策研究の学会である国際公共経済学会の次世代研究部会が今回の春季大会から、若手の政策研究者の政策提言スキルを磨くために取り組み始めた政策コンペ企画です。10分で政策提言を実施、メインコメンテーター2名と10分で①革新性②実現性③将来性という3つの視点と質疑応答を行い、全員の報告が終わったあとにフロアと質疑応答ののちに、投票を行います。分野は多様ですが、その分野の重要性も主張しなければなりません。実施してみると、実にスリリングで、知的なエンターテイメント性を持った企画になりました(また別途エントリ書きます)。

http://ciriec.com/conference/spring

西田亮介,2013,「政策過程への PRとロビーイングの導入 ――合法化による「ルール」の明示と 過程の可視化を伴った政策立案競争促進に向けて」@国際公共経済学会第1回春季大会「次世代政策VOTE2013」報告資料(2013年3月24日).