研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。
研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、 原則として、
十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合はSkypeなどでも可能です)。
(日本語)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人2000円/月、学生1000円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ」

2014年7月30日水曜日

アクティブ・レスト

ちょうど昨年の日本公共政策学会の研究大会で、福島にいったときに、温泉の体重計に乗って自分の体重に愕然としてから、ちまちまと計画的な運動を再開した。結局、週1回2時間+(仕事と転機の塩梅等々)運が良いとサーフィンというあたりで均衡している。けれども、体重は食事療法なしでマイナス5キロで、いま、随分長い、3ヶ月くらい体重が変動しない踊り場を迎えている。これ以上痩せるためには、もう少し運動頻度をあげないといけないのかもしれない。しかし運動強度は確実にあがっていて、1時間ちょっとで3000m前後泳げるようになった。体調も圧倒的に改善した。部活ほどではないにせよ、ぼちぼちな強度だと思う。いまは、アクティブレストのために、言い換えれば無目的的に運動しているだけだけど、こうなってくると、ちょっと何かしら大会とかそういうのに出たくなるのが人情というものである。しかしそうなると、今みたいにダラダラと身体を動かすだけじゃものたりなくなって、より運動強度と運動頻度を求めたくなるのが目に見えているのでなかなか踏み切れずにいる。

※ちなみにアクティブレストというのは、「積極的休養」というやつですね。