研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。 研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、
原則として、十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合は要相談)。

(Japanese)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人1500円/月、学生500円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse」

2014年4月23日水曜日

J-WAVE JAM THE WORLD 2014.04.22 BREAKTHROUGH!:『わたしたちは国をどこまで頼っていいのか?』(ゲスト: 社会学者 西田亮介さん)

J-WAVE JAM THE WORLD 2014.04.22 BREAKTHROUGH!:『わたしたちは国をどこまで頼っていいのか?』(ゲスト: 社会学者 西田亮介さん)
http://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/break/index.html

4月23日に、津田さんのJAM THE WORLDに呼んでいただきました。なんでもスペシャルウィークだそうで、聴取率を測る時期に、こんなに硬いテーマで大丈夫なのかと勝手に心配にはなりますが、多くのみなさんが普段なかなか意識することも少ないと思われるテーマだけに素晴らしい企画ですね。

J-WAVEのスタジオは、六本木ヒルズ33Fで変わらず、素晴らしい眺望でした。津田さんにお目にかかったのも、とても久しぶりで、ややお疲れのようにも、見えましたが、質問は鋭く、しゃべる側としては、とても楽しいものでした。

中身としては、

・大きな政府/小さな政府→透明で、合理的、機能的な政府へ

・社会保障の拡充+経済成長の両立

・インセンティブ設計とソフトパターナリズム

・試行錯誤とリクエスト

みたいな話をさせていただきました。すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、こうした発想の少なくない部分は、キャス・サンスティンの議論に由来しています。『Simpler』とか『Conspiracy Theories and Other Dangerous Ideas』あたりが参考文献になるでしょうか。このあたりの文献も、早く邦訳されてほしいです。

「ミニマリストとトリマー」みたいな話もしたいなあ、と思っていたのですが、さすがに1時間弱の尺では難しかったです。

その辺りは、下記のイベントなんかでも話していけたらなあと思います。
「「憲法から考える国のかたち —— 人権、統治、平和主義」小林節×ゲンロン憲法委員会(境真良+西田亮介+東浩紀)」
http://peatix.com/event/33654

最近、法学のみなさんとご一緒させていただく機会が多く、改めてサンスティン、それからアッカーマンらの議論に関心を持っています