研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。
研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、 原則として、
十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合はSkypeなどでも可能です)。
(日本語)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人2000円/月、学生1000円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ」

2014年4月29日火曜日

高知の「日曜市」で出会った美味しいものたち

ジャーナリストキャンプ2014 in 高知」という企画があって、先週末仕事でしばらく高知にいた。ジャーナリストの人たちの思考の傾向やパターンを経験的に理解するよい機会で、そちらもまたどこかで書くとして、とりあえず、高知城城下で毎週日曜日に開催される「日曜市」で出会った美味しいものたちを列挙しておく。これらも、いちおう地域ブランドや地域産業振興の仕事も引き受けているがゆえの、リサーチの一環であると、変わらず大学に戻って、生協のおにぎりとサンドイッチで昼食を済ませつつ強調しておきたい。冗談抜きで、高知は食に恵まれたまちだと思う。海産物や有名なゆずはいうまでもなく、肉もおいしい。しかも、いずれもとてもリーズナブル。データを見ると、外食支出が多かったりと、とてもユニーク。ほかに鰹(たたき&竜田揚げ)、ブリ丼、くじら、あおさ、刺身定食、あたりを食べたものの、書いててうつぼと田舎寿司を食べるのを忘れたことを帰ってきてから思い出した・・・ただし、日曜市の場合、地元の人と、観光客もいるのだけれど、なかなかその場で食べられる食品が少なかったことが気になる。つまり1次産品が原材料のまま、もしくはごく簡単に加工された状態で売られているのである。絶品なのは間違いないけれど、とくに観光客の場合、その場で食べるニーズもあるのでは、と思ったりもした。また、店の数は物凄く多いのだけど、売っているものはかなり似ている。1次産品中心であることと、関係有るのだろうけど、店の数の割に、商品のバリエーションが乏しく、やや差別化がうまくいっていない気もする。まあ、こういった発想は、食材の美味さと比較して、野暮というほかないのかもしれない。

鯵の押し寿司、ゆず風味。新鮮で、しゃりにゆずが。臭みはまったくなく、とてもさわやか。鰹もおいしいけれど、青魚好きなので、押し寿司が絶品過ぎた。しかも400円!
「はし巻」なる粉物。形状は違えど、基本的にはお好み焼き的な何か。箸で切ったりしなくていいので、食べやすい。

こちらは鯖の押し寿司とたけのこ寿司、稲荷。350円・・・
見た目は普通の唐揚げ。しかし、肉が大変ジューシーで絶品。魚だけじゃないですね・・・