研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。 研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、
原則として、十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合は要相談)。

(Japanese)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人1500円/月、学生500円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse」

2014年1月4日土曜日

Google Scholarの機能改善がすごい件

研究者だと、一度や二度はGoogleの論文検索システムGoogle Scholarのお世話になったことがあるかと思うんですが、最近どんどん機能改善が進んでいるようです。最近では、文献管理システム用にファイルを吐き出してくれたり、論文をストックする「マイ ライブラリ」や、なんと自分の論文がどれだけ引用されたかを機械判定してくれる「マイ 引用」等々(研究者が書く論文は、他者に引用されたか、というのが判断の尺度のひとつに)。そして、なんと自分のプロフィールページも作れてしまうようになったようです。自分の論文がどれだけ引用されたといったことが分かります。日本の、とくに文系研究者は書籍を研究業績にすることが多いものの、Google Scholarは十分に書籍と統合されていなかったり、やや更新時期が遅かったりといった課題があるものの、なかなかの精度とお役立ち度です。というわけで、ちょっと自分のプロフィール・ページを作成してみました・・・