研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。 研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、
原則として、十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合は要相談)。

(Japanese)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人1500円/月、学生500円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse」

2015年9月29日火曜日

サーフィンをコアにした新創刊のビーチマガジン『UNABARA』誌に、コラムを寄稿しました。

Nishida, Ryosukeさん(@ryosukenishida)が投稿した写真 -



ちょうどサーフィン(男女ショートボード)が東京五輪の種目に採択されたことが話題になっていますが、サーフィンをコアにした新創刊『UNABARA』誌に、コラムを寄稿しました。

1500字強の短いエッセイですが、サーフィンと社会、コミュニケーションについて記していて、奇しくも時局的かもしれません。サーフィン(含む、研究)をライフワークにして、幾つか論文やエッセイを書いてきたものとして、こういう仕事はとても楽しいですね。

青森や宮崎、そしてぼくもよくお邪魔する一宮などの特集が組まれています。青森は遠いけど、気になる。手にとっていただければと思います。

西田亮介,2015,「サーフィンは前近代的なユートピア」『UNABARA』1: 17.