研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。
研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、 原則として、
十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合はSkypeなどでも可能です)。
(日本語)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人2000円/月、学生1000円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ」

2015年9月30日水曜日

10月14日19時〜@五反田ゲンロンカフェ 柿沢未途×竹田圭吾×西田亮介「政界再編第2章——安保法案、都構想、落選運動」

10月14日19時〜@五反田ゲンロンカフェ 柿沢未途×竹田圭吾×西田亮介「政界再編第2章——安保法案、都構想、落選運動」です。

当事者でもある柿沢議員をお迎えして、最近巷で話題の左派連合とは異なる、野党再編の話をしませんか

下記、ゲンロンカフェより引用。申込はこちらから。

−−−
当日券は3100円 (1ドリンク付き)です。ゲンロン友の会会員証または学生証のご提示で2600円になります。
友の会会員限定指定席にはキャッシュバックはありません。複数席を予約される場合は、お連れの方が友の会会員でなくても結構です。
開場時間はイベント開始1時間前の18:00となります。
18歳未満の方は23時以降の参加はできません。
保護者が同伴しない18歳未満の方は22時以降の参加はできません。
【イベント概要】

政界はどこへ向かうのか。当事者を迎え緊急開催!

95日間という異例の長期延長を経て、2015年の通常国会が終了した。
国会内外を巻き込んだ論争は決着をみないうちに安保法案は成立し、終戦70年の今年、日本社会は大きな転換点を迎えることになった。

安保法案に対し「違憲」「説明不足」と強い批判が集まった一方で、現政権に代わるオルタナティブは見つからず、自民党総裁選も無投票のうちに終わった。

野党再編もささやかれる中、衆議院第3党の維新の党で巻き起こった分裂騒動。分裂の原因はなにか。この動きは政界再編につながるのか。自民・民主の2大政党制が機能不全に陥ったいま、政治家が果たすべき役割はなにか。

渦中の柿沢未途(維新の党前幹事長)氏に、ジャーナリスト竹田圭吾・社会学者西田亮介の両氏が迫る。政局の行方やいかに!?

柿沢未途(かきざわ・みと)

1971年、父・柿澤弘治の赴任先のベルギーで生まれる。東京大学法学部卒業。1995年NHK入局。長野放送局に勤務し、長野オリンピックの報道にも携わる。2001年東京都議会議員選挙に江東区選挙区から出馬し、初当選。都議会民主党政調会長を歴任。みんなの党を経て、2013年結の党結党にともない政調会長に就任。2014年、日本維新の会との合流にともない、維新の党政調会長に就任。同年12月、衆院選小選挙区で3期目の当選。2015年5〜9月、維新の党幹事長に就任。

竹田圭吾(たけだ・けいご)

ジャーナリスト/コメンテーター。慶応義塾大学文学部卒。2001年から2010年までNewsweek日本版編集長。フジテレビ『とくダネ!』『Mr.サンデー』レギュラーコメンテーター。J-WAVE『JAM The World』月曜日ナビゲーター。著書に『コメントする力』。

西田亮介(にしだ・りょうすけ)

1983年京都生まれ。東京工業大学大学マネジメントセンター准教授。博士(政策・メディア)。専門は情報社会論と公共政策。著書に『ネット選挙――解禁がもたらす日本社会の変容』(東洋経済新報社)、『ネット選挙とデジタル・デモクラシー』(NHK出版)など。近著に工藤啓との共著『無業社会――働くことができない若者たちの未来』(朝日新書)がある。

【注意事項】
チケットキャンセルの場合の払い戻しは受け付けられません。予めご了承ください。
本イベントはインターネットでの動画配信を予定しており、ご来場のお客様の映像が映り込む可能性がございますので、ご了承のほどお願い致します。
チケット料金は税込価格です。
講演・イベントの無断録画・録音はご遠慮ください。