研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。 研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、
原則として、十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合は要相談)。

(Japanese)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人1500円/月、学生500円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse」

2015年8月13日木曜日

#クロス

大学の夏季休業期間中で、遅れてる書籍の原稿に地獄のようにとりかかっていて、最近ロクにブログも更新しておらず、日本近海、とくに首都圏でサーフィンをする人間にとっては馴染みが深い一宮海岸にサメ出現というニュースにもっぱら衝撃を受けている今日このごろですが、頑張ります。よろしくお願いします。

サーフィンしない方向けに強調しておきますが、一宮海岸というのは、あれですよ、ただの海水浴場じゃないんです。サーフィン的には――なんとなく渋谷は湘南のような気もするので、新宿みたいなものなわけですよ。つまりは歌舞伎町で、オノを担いだジェイソンみたいな殺人鬼が目撃された的な衝撃なわけですよ。

サメ避けネットを投入して、監視も充実したから海水浴場再開というニュースも耳にしますが、サーフィンをしない人向けに解説しておくと、海水浴場はサーフィン禁止なわけです。じゃあ、どこでサーフィンするのかといえば、最初から遊泳禁止エリア、つまり監視は期待できず、むろんサメ避けネットもないビーチ。

いや、もともとそれなりにリスクについては承知していましたが、サメがいるかもしれない、などというリスクが顕在かすると、なかなか気分は良くないな、と・・・J−ベイでのWSLのファイナルで、ミック・ファニングがサメに襲撃されるも九死に一生を得て無傷という衝撃映像が普通に流通して、まあ、普通に考えて、おそらくはビーチに向かう途中に交通事故にあったりする確率のほうが遥かに高いわけですが、あまり気分はよくないなあ、などという今日このごろです。たぶん、原稿で疲れてるのが一番の問題です。