研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。
研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、 原則として、
十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合はSkypeなどでも可能です)。
(日本語)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人2000円/月、学生1000円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ」

2015年7月21日火曜日

『ターミネーター 新起動/ジェニシス』





今年は既に公開されているマッドバックスはじめ、80〜90年代ハリウッド超大作のリメイクや続編が次々出るので、まあ、楽しみにしていたわけだけど、特報からもわかる一抹の不安感はまったく払拭されていなかった。ジョン・コナー、カイル・リース、サラ・コナーの配役が、もうちょっと何とかなったのではないか。シュワちゃん以外にも、あまりに色濃くキャラが印象づけられている世界観なので、『T3』的な悲しみという他なかった。T4や『サラ・コナー・クロニクル』のように、うまく継承できた作品はいずれもシリーズが完結せずに終了してしまった。ラストは一瞬シリーズ終わったと思わせるが、そこはちゃんと最後に仕掛けてありました。とはいえ、オマージュ満載で、映画館でもそうだったけれど、当時リアルタイムでT1、T2を楽しんだ年長世代が多く、関西の映画館で観たからかもしれないが上映中にツッコミや笑い声が上がったりしていた。その意味ではビジネスとしてはこれでよいのかもしれない。『AVP』シリーズのエイリアンとプレデターみたいに、続いていく予感がした。