研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。 研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、
原則として、十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合は要相談)。

(Japanese)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人1500円/月、学生500円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse」

2015年7月12日日曜日

7月15日20時〜22時@下北沢B&B 門脇耕三×西田亮介 「 「シェア」って、建築や政治、愛や制度とどう関係があるのですか?」

7月15日20時〜22時@下北沢B&B 門脇耕三×西田亮介  「 「シェア」って、建築や政治、愛や制度とどう関係があるのですか?」

建築家の門脇耕三さんと下北沢のB&Bにて対談します。以前、三宅洋平さんと対談したことがありますが、久々の下北沢です。

この対談は、門脇さんが監修された『「シェア」の思想/または愛と制度と空間の関係』の発行記念ということになります。ご承知のとおり(?)、ぼくは個人主義者で、あまり人と何かを分けあって嬉しいとかいう感覚を持ちえておらず、そういったものに対して大抵懐疑的ですが、ちょっと皮肉気味なエッセイを寄稿しています。ぼくのエッセイはさておき、千葉雅也さんらのインタビューも収録されているとか。その辺りは見所なのかもしれません。個人的にはもっと制度の話をすればよかったのだろうか、などとちょっと反省しています。

それはさておき、門脇さんファンや建築好きの人は、ご記憶かもしれませんが、実は門脇さんとはこれまでに何度か対談したことがあります。ただし、いずれも大学主催のイベントや建築関連のイベントなどコアなものでした。B&Bさんはもっとカジュアルですので、ご都合あう方は遊びに来ていただければと思います。

申し込みは下記公式サイトから
http://bookandbeer.com/event/20150715_bt/