研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。
研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、 原則として、
十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合はSkypeなどでも可能です)。
(日本語)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人2000円/月、学生1000円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ」

2015年5月19日火曜日

[西田亮介]【憲法改正の国民投票と政治理解の導線を再考せよ】〜ポスト大阪都の戦いに何を見るか〜

安倍編集長のご依頼で、さらさらと書いてみました。先日のYahoo!ニュース個人への投稿に少々手を加えたといったところです。取り敢えず、Excelソロバンを弾いて、まだ選管からの、公式の世代別投票率が公開されていませんが、過去の投票率を参考にした仮定を置いて、複数試してみたところ、確かに巷でいわれるシルバーデモクラシーは怪しそう。出口調査のデータによると、性別や居住歴も弱そうで、大阪のなかでも都市部と非都市部の温度差説が有力な気がしています。非都市部といえば、さまざまな既存勢力の動員が効きやすいエリアで、そういえば、今回普段は犬猿の中のそれらの勢力は、それぞれの思惑で、揃って反対に回ったのが効いたんじゃないか、などと考えていますが、飽くまで現状仮説の域を出ません。世代別の公式投票率が出たあたりで、精査するのが良いのではないでしょうか。

[西田亮介]【憲法改正の国民投票と政治理解の導線を再考せよ】〜ポスト大阪都の戦いに何を見るか〜
  http://japan-indepth.jp/?p=18298