研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。
研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、 原則として、
十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合はSkypeなどでも可能です)。
(日本語)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人2000円/月、学生1000円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ」

2015年5月2日土曜日

2015年5月2日付け読売新聞朝刊「国民投票 試金石に」記事コメントについて

今朝方早朝に、知り合いのF記者から、確認をもとめる文面がショートメッセージで送られて来ていた。たいてい気がつくのだけど、Androidが壊れていて、調子が悪いので、気が付かなかった。急ぎだったのだろうが、そもそもコメントしたときは、いつ使うという言及のないものだった。勝手にコメントをまとめて使うのは、仁義にもとるというほかない。

こういう使われ方を放置しておくというのは、「いつでも、いい塩梅で都合よく、コメントまとめて使っても大丈夫な人」という誤った認識を持たれかねない。またやはり一般的な意味では年齢が若いので、百戦錬磨の新聞記者や、雑誌記者には、昔から甘く見られがちでもある。よく知っている。しかし、残念ながらというべきか、すでに十分コメント等使われてきた現在となっては、今さらコメントを新聞に取り上げられて嬉しいというわけでもない。担当記者にはメールしたので、明日までにまともな返事がなかったら、政治部とカスタマーセンターに連絡しよう。泣き寝入りはしない。取り敢えず、現時点のまとめ。