研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。
研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、 原則として、
十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合はSkypeなどでも可能です)。
(日本語)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人2000円/月、学生1000円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ」

2015年2月13日金曜日

『アメリカン・スナイパー』


マスコミ試写をいただいたので観てきた。まさにタイムリーな作品といわざるをえない。アメリカのインテリ保守層に好まれそうな、そしてイーストウッドらしいヒロイックな側面を取り入れつつも、主人公の葛藤や家族との関係を丁寧に描いている。9.11や帰還兵の苦悩の描き方など、ハリウッドらしいというか、すでにやや繰り返し描かれており、冗長な点も否定できないが、ある意味では戦争/紛争当事国の感覚なのかもしれない。それよりも、なぜ、どのようにして伝説といわれる狙撃の腕を獲得したのかという描写の乏しさが気になった。本作内では、クリス・カイルは最初から「生きる伝説」なのである。事実に基づく作品であるから、本当に天賦の才能だったのかもしれないし、映画作品に仕上げるなかで割愛された部分なのかもしれない。原作も読んでみたくなった。…と思って、Amazonを見てみたら、映画公開のタイミングにあわせて、映画と同じタイトルに改題して文庫化されるらしい。市場の力である・・・

2月21日劇場公開

公式サイト→
http://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper/