研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。
研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、 原則として、
十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合はSkypeなどでも可能です)。
(日本語)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人2000円/月、学生1000円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ」

2015年2月24日火曜日

『エクソダス:神と王』



煮詰まって、観てきた。リドリー・スコット監督作品なんですね。いわゆる旧約聖書の出エジプト記とモーゼの物語を描いた歴史スペクタクル。随分昔、やはり出エジプト記を描いた『十戒』を観たけれど、あちらが聖書の「物語」に沿った描き方をするのに対して、こちらは「「物語」がいかにして立ち上がったと解釈可能か」「マスメディアがない時代のカリスマはいかにしてカリスマ性を獲得したか」という点においてかなり踏み込んだ解釈を試みている。確かにさもありなんと思わせるのが興味深い。シガニー・ウィーバーが出演していたのはクレジットみるまで気がつかなかった。