研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。
研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、 原則として、
十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合はSkypeなどでも可能です)。
(日本語)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人2000円/月、学生1000円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ」

2013年5月26日日曜日

情報ネットワーク法学会の「ソーシャルメディア時代の情報流通と制度設計」第2回討議



今春より情報ネットワーク法学会のソーシャルメディア研究会とデジタルジャーナリズム研究会の合同研究会「ソーシャルメディア時代の情報流通と制度設計」に参加しています(名前長い)。

西田亮介,2013,「ソーシャルメディア時代のメディア・リテラシーのトリレンマ?
――情報収集量の増大・個人的志向の追求・視座と情報源の多様性」@「情報ネットワーク法学会『ソーシャルメディア時代の情報流通と制度設計』第2回討議」(2013年5月25日@(株)Yahoo! JAPAN).

ソーシャルメディアが普及した時代に、メディアや主体、ビジネスはどう変化するのか、技術者や実務家、法学者のみなさんと検討しています。

5月25日は第2回討議でした。
http://in-law.jp/bn/2013/20130525.html

メインの報告者がいて、全員が報告し、ひたすら議論を行う、ハードなもののなかなか楽しい研究会です。

ちなみに告知していない気がしますが、第1回(http://in-law.jp/bn/2013/20130427.html)から参加しています

西田亮介,2013,「ソーシャルメディア時代の予期と信頼、メディア、そして政策過程の関係性」@「情報ネットワーク法学会『ソーシャルメディア時代の情報流通と制度設計』第2回討議」(2013年4月27日@駒沢大学).