研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。
研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、 原則として、
十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合はSkypeなどでも可能です)。
(日本語)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人2000円/月、学生1000円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ」

2013年4月18日木曜日

2013年5月16日(木)19時〜 [ゲンロンスクール]西田亮介「政策の想像力/創造力」序論 第1回(全3回)

2013年5月16日(木)19時〜ゲンロンスクールの講師を担当することになりました。
以下、ゲンロンスクールから引用した概要と申し込みです。

---
 [ゲンロンスクール]西田亮介「政策の想像力/創造力」序論 第1回(全3回)

講義概要

東日本大震災の復興過程でも、人々の助け合いや、NPOの活躍、ネットを通じた新しい助け合いなどが関心を集めた。
その一方で、政府や地方自治体の縦割りが非難されるなど、大文字の「政治」への不信感が募った。
このように、近年「政策」というと、個人の想像力や創造力の阻害要因のような印象を持つ人もいるかもしれない。
だが、近年、「ニューパブリックマネジメントからニューパブリックガバナンスへ」、といった政策論の理論的転換の議論も始まっている。
また日本の諸問題の解決には、思想や批評、建築といった多様な分野との協働や議論の佳境も必要だろう。
現在、政策を想像力/創造力の対象と捉えた議論が必要とされているのではないか。
本講座では、このような問題意識のもと、以下の主題を、解題しながら日本の政策について考える。
・ネット選挙解禁とその先の諸問題
・政策から見たソーシャルビジネスとNPO
・情報社会の地域振興と電子自治体

講師プロフィール

西田亮介(にしだ・りょうすけ)
1983年京都生まれ。
立命館大学大学院先端総合学術研究科特別招聘准教授。
専門は情報社会論と公共政策。
編著書に『「統治」を創造する』など。

【ゲンロンスクールとは】
ゲンロン代表・東浩紀プロデュースによる3ヶ月連続の講義形式のイベントです。第二期ゲンロンスクール(5~7月期)は8講座開催を予定しております。
※変更される場合がございます。最新情報は公式サイト内のカレンダーからご確認ください
【注意事項】
・コンビニ/ATMでのお支払いは 【 原則返金を受け付けられません。 】 ご注意ください。
・当日、ゲンロン友の会会員証または学生書提示で500円キャッシュバックいたします(併用不可、学生証は国立公立学校または学校法人が発行したもの)。
・チケット料金に含まれるのは当講座1回分の受講料です(通し券ではありません)。
・チケット料金は税込価格です。
・開場は開演1時間前の18時となります。

---
申し込みはこちらから→
http://peatix.com/event/11443