研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。 研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、
原則として、十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合は要相談)。

(Japanese)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人1500円/月、学生500円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse」

2013年4月3日水曜日

「2013年4月2日の朝日新聞デジタル等による #ネット選挙 についての国会審議実況中継まとめ」とネット選挙の解禁へ

2013年4月2日の朝日新聞デジタル等による #ネット選挙 についての国会審議実況中継まとめ
http://togetter.com/li/481984

4月2日にネット選挙解禁をめぐっての国会審議が始まりました。朝日新聞デジタルの記者さん(@asahicom)らが実況中継してくれていました。ぼくの個人的関心にも近いのでまとめさせていただきました。

昨日はこの後、民主党とみんなの党が、野党案を今後の検討課題として付則に記入する、電子投票を検討事項とする(これはもともとみんなの党が主張し続けてきたことですね)ことで、与党案を認めるということが報道されました。

「ネット選挙衆院通過へ 民主、みんな与党案容認」『東京新聞』
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013040302000130.html

まずは条件の緩い与党案から解禁し、その後より広い範囲の解禁を求める野党案の実現を目指していくということになりそうです。

日本でいうところの「ネット選挙解禁」はあくまで、「インターネットを利用した選挙運動の解禁」ですから、今後の展望が気になるところ。

とはいえ、政治家にとっては、もっとも関心が選挙と選挙運動へのインターネットのりよう解禁は、日本の政治におけるITへの無関心な状況を変える一歩となるものと期待できます。