研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。 研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、
原則として、十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合は要相談)。

(Japanese)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人1500円/月、学生500円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse」

2013年2月12日火曜日

ネット選挙:「候補者成り済ましで公民権停止」は何を含意するのか

ヘッドライン | 主要 | 政治 | ネット選挙の与党案判明 「候補者成り済まし」公民権停止 - 47NEWS(よんななニュース) http://www.47news.jp/news/2013/02/post_20130210185259.html

というニュースが流れている。ネット選挙運動に関連して、ずっと懸案事項になっている「なりすまし」等の虚偽表示に対する罰則規定として、罰金等に限らず、選挙権や被選挙権の停止といった規定について、自民党と公明党が合意したという。

虚偽表示に対して、なんらかの罰則規定は必要と思われうが、文字通り受け取ると厳しすぎる。罰金刑で十分だろう。ただ、こういった極端な項目をあえて織り込むことで、野党との今後の交渉を有利に進めるものと受け取ることもできる。野党には「与党と交渉した」という「手柄」を渡しつつ、実質的な部分を与党提案で行くことで、妥協点となりうる。

「だから、どうした」、というわけでもないけれど、硬直化したガバナンスを変革するためのネット選挙運動の解禁となるのか注視したい。