研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。 研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、
原則として、十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合は要相談)。

(Japanese)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人1500円/月、学生500円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ@Synapse」

2013年2月2日土曜日

2013年1月31日第4回ラウンドテーブル(Green-Table)「まとめ:FTM提言が示すべきスマート社会のビジョン」


国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
2012年度FTMフォーラム 第4回ラウンドテーブル(Green-Table)

「まとめ:FTM提言が示すべきスマート社会のビジョン」

未来の技術と社会のための研究と実践を行う産学共同プログラム「フューチャー・テクノロジーマネジメント(FTM)フォーラム(村上憲郎議長)」の本年度の活動では、多様な人々を幸せにする「スマート社会」の構想と、その実現に必要な技術を取り巻く制度・カルチャー・企業経営を議論しています。
詳細はFTMフォーラムホームページをご覧ください。
http://www.glocom.ac.jp/project/ftm/

日時: 2013年1月31日(木)18時~20時30分
会場: 国際大学グローバル・ コミュニケーション ・センター
    (東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)
地図: http://www.glocom.ac.jp/access/

概要
昨日2年間にわたるFTMフォーラムGreen-Tableの今年度の最終回だった。このラウンドテーブルからはいろいろなことを学ばせてもらったけど、2年目の最後。

(以下、GLOCOMから)
---
FTMフォーラムでは、2011年度の議論を踏まえ2012年4月に「持続可能なスマート社会づくりを急げ ― 電力改革をイノベーションの最重点課題に ―」という提言を行いました。この提言は、Green Tableと並行して開催されているRed Tableの議論が元になっています。Red Tableでは今年度も電力改革を中心とするテーマで提言を作成する予定です。

FTMフォーラム(Red Table)
http://www.glocom.ac.jp/project/ftm/red-table/

プログラム

18:00 ~ 「Red Tableのこれまでの議論とFTM提言がめざすもの」
       砂田薫(国際大学GLOCOM准教授/主任研究員)

18:15 ~ 「前回までの議論の整理と今回の議論の位置づけ」
       庄司昌彦(国際大学GLOCOM講師/主任研究員)

18:35 ~ ディスカッション(予定)
       川崎裕一(株式会社kamado 代表取締役社長)
       玉置沙由里(MG(x)サロン主催)
       西田亮介(立命館大学大学院 特別招聘准教授)
       藤代裕之(NTTレゾナント株式会社 新規ビジネス開発担当)
       森永真弓(株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
             i-メディア局 i-メディア戦略部
             メディアプロデューサー
             (兼) メディア環境研究所 上席研究員)
       庄司昌彦(国際大学GLOCOM主任研究員/講師)

19:45 ~ オピニオンメンバー・会場も含めた全体ディスカッション

20:30  終了